コース紹介

トップページ > コース紹介

基礎を積み重ねながら1年のカリキュラムごとにステップアップしていきます。

ゴールド(Gold)コースを修了した方には、さらに上級コースをご用意しております!

ブロンズ Bronze
(小学3年生)

多種のギアを組み合わせたり、センサーを使うことで、
ロボットの基礎を学びます!

授業後期では、ライントレースをしながら相撲をするロボットの製作を行います。
その過程においてメカニズムの基礎、PC基本操作、入門プログラミング、プレゼンテーションの仕方などを学習し、中学入試・高校入試で頻出の図形の性質、ギアや滑車等の理数系知識を体験的に身につけます。
また、集中してひとつのものを作り上げることや、もの作りを通してアイデアを表現することを学びます。


学習領域 習得領域
・図形の性質
・表や棒グラフ
・滑車と輪軸
・テコのつりあい
・電気の通り道とその利用
・掛け算
・割り算
・表とグラフ
・資料の分類と整理
・長さ/重さ/かさの単位
・計器による測定
おもなカリキュラム

PCの基本操作/プログラミング入門/ロボットの動き/ロボット制御/プログラムのループ/プログラムの保存/ギアダウンロボットの製作/クレーンロボット制御/相撲ロボットの製作/タッチセンサーの働き/光センサーの働き/センサーを使ったプログラミング/ライントレースの考え方/ベルト駆動の特性を調べる/ギアの働き/ギアの組合せと速さ/てこの働き/滑車の働き/速度計測と表やグラフの作成
ポスタープレゼンテーション/競技用ロボットの製作/crefus Cupでの競技会と発表会

シルバー Silver
(小学4年生)

様々なセンサーを使用して、迷路を脱出するロボットの製作を行います!

授業前期でダンスロボット、授業後期で迷路脱出ロボットの製作を行います。 その過程でロボット製作に必要なメカニズム、各種センサーやモーターの制御方法、初級プログラミングなどを学習し、中学入試・高校入試で頻出の速さと比、天秤(テコ)等の理数系知識を体験的に身につけます。 また、プログラミングを通じて論理的に考える力を養い、発表会でプレゼンテーション手法を学習します。


学習領域 習得領域
・速さと比
・小数と分数の計算
・条件を整理する問題
・テコの規則性
・電気の働き
・整数の加減乗除
・条件を整理して考える課題
・時間と速さの総合課題 
・場合分けの総合課題
おもなカリキュラム

PCの基本操作/初級プログラミング/信地回転と超信地回転/無限ループの概念/ロボットデザイン/ダンスロボットの製作/迷路脱出ロボットの製作とプログラミング/タッチセンサーの働き/光センサーの働き/超音波センサーの働き/センサー応用のプログラミング/回転センサーのプログラミング/回転運動を往復運動に変える仕組み/ギアの働き/てこの働き/計測した数値を表にまとめる/分岐の考え方
プレゼンテーションの作成/競技用ロボットの製作/crefus Cupでの競技会と発表会

ゴールド Gold
(小学5年生~中学3年生)

サッカーロボットを通して、複数のセンサーを同時に制御した
高度なプログラミングを学びます!

フォワードとキーパーの2種類の自律したサッカーロボットの製作を行います。
サッカー競技を通じて、サッカーロボットに必要なメカニズム、中級プログラミング、プレゼンテーション手法などを学習します。
理数的な知識と思考力を統合し、より高度なプログラミング活動を通じて論理的に考える力を養います。


学習領域 習得領域
・図形の性質
・測定値の平均
・表や折れ線グラフ
・樹形図と組み合わせ
・場合の数
・等号と不等号
・整数の加減乗除
・条件を整理して考える課題
・時間と速さの総合課題 
・場合分けの総合課題
・計器による測定
おもなカリキュラム

PCの基本操作/中級プログラミング/無限ループの概念/タイマー制御/複数の条件分岐の優先順位とプログラミング/ローマ字学習/キーボードとタイピングの学習/フォワードロボットの製作とプログラミング/キーパーロボットの製作とプログラミング/光センサー等各種センサー制御/角度センサーのプログラミング
プレゼンテーションの作成/競技用ロボットの製作/crefus Cupの競技会と発表会

ゴールド(Gold)コース修了した方は、
以下の上級コースをご用意しております!

授業風景の動画(プラチナ・M2・M3)

プラチナ Platinum
(ゴールド修了者を対象とした上級コース)

通信・データロギングなどの学習と二足歩行ロボットによる歩行競技を行います。 データロギングの活動を通じて、分析に必要なデータの収集と処理、グラフ化の方法を習得します。 また、多足歩行の原理を理解した上で、静歩行と動歩行、通信(有線と無線)のメカニズムを学習し、歩行競技に応用させるプログラミングを組んでいきます。
学習・習得領域 おもな単元

・正の数と負の数
・一次関数の基礎
・平面図形の運動による空間図形の構成と展開
・運動の速さと向き
・変数の考え方と使い方
・樹形図
・条件分岐
・テコや滑車の応用
・PCにおける文章入力などの基本操作

・表とグラフの作成
・マニピュレータ
・IRシーカー(赤外線追尾)センサー
・メインルーチンとサブルーチン
・コンテナ(変数)アイコンとコンテナ分岐
・樹形図を用いた条件分岐プログラムの考え方と作り方
・テコや滑車の機構を複合したロボットの製作
・WordやExcelなどPCを使った文章作成
・宝探しの方法とトレジャーハントロボットの製作
・プレゼンテーションの作成、競技会と発表会

「変数」を学んでいきます。ロボットがセンサーで測った値を自分で覚えておくことができるようになり、どんな道をたどっても迷子にならずきちんと戻るといったこともできるようになります。
また「サブルーチン」を使っていきます。プログラムが複雑になりすぎないよう、繰り返し出てくる操作や意味の似ている動作をひとまとめにして分かりやすくし、プログラムの容量を減らすことができます。
さらに新しく「IRシーカー」という赤外線を発する物体の位置を知ることのできる優れたセンサーについて学びます。
その上で「変数」「サブルーチン」「IRシーカー」を使い、トレジャーハントロボットを作り上げます。

赤外線を発する球をトレジャー(宝)に見立て、迷路を抜けた先の球を捕まえ、スタート地点まで戻る歯ごたえのある競技です。

M2 Middle2
(プラチナ修了者を対象とした上級コース)

通信・データロギングなどの学習と二足歩行ロボットによる歩行競技を行います。 データロギングの活動を通じて、分析に必要なデータの収集と処理、グラフ化の方法を習得します。 また、多足歩行の原理を理解した上で、静歩行と動歩行、通信(有線と無線)のメカニズムを学習し、歩行競技に応用させるプログラミングを組んでいきます。
学習・習得領域 おもな単元

・システム制御工学
・運動力学
・計測工学
・条件分岐
・変数の考え方と使い方
・情報通信
・静歩行と動歩行
・多足歩行と二足歩行の仕組み
・データの収集と処理とグラフ化
・データロギングプロジェクト

・ステアリングの仕組み
・ディファレンシャルギア
・計測方法とデータ収集
・収集データの処理と分析、グラフ化と解釈
・実験工程(プロジェクト)の学習、実験結果の考察と発表
・重心
・接地面、静歩行と動歩行と違い
・無線通信
・多足歩行ロボット、二足歩行ロボットの製作とプログラミング
・プレゼンテーションの作成、競技会と発表会

「ステアリングカー」を作ります。普段目にしている自動車の駆動構造に近いロボットになり、各種センサーを搭載した「ステアリングカー」を用いて「データロギング」に挑戦します。
センサーが読み取った数値をPCに送り、どんな環境下にロボットがいるのか、どんな物体がロボットの目の前にあるのかを探っていきます。ヒトが存在することのできない環境下(火星など)での探索といった最先端のロボットの活躍を再現してもらいます。
また無線通信技術の一つであるBluethoothについて学び、「ステアリングカー」をオリジナルリモコンで動く「ステアリング&ラジコンカー」に改良していきます。
そしてついに「二足歩行ロボット」の作製に挑戦します。ヒトの「二足で歩く」という機能がどれほど高度なものなのか、驚嘆すること間違いなしです。

M3 Middle3
(M2修了者を対象とした上級コース)

C言語でのプログラミングを行い、総仕上げとして学習内容を組み合わせた総合課題に挑戦します。
これまでのグラフィカルなプログラミングから、テキストベース(ロボットC)のプログラミングを学習することで、プログラミングの基本構造を段階的に理解していきます。
また、ジャイロセンサーを用いてセンサーの校正の仕方について学びます。

学習・習得領域 おもな単元

・開発言語(ロボットC)
・制御工学
・計測工学
・論理演算
・正弦波
・フローチャート
・アルゴリズム
・サブルーチン
・情報処理
・微分、積分

・ロボットC入門
・タイピング
・同期コマンド
・ジャイロセンサー
・ロボットCのタッチセンサー等 各種センサーの制御
・ロボットCで高度なロボットの製作とプログラミング
・プレゼンテーションの作成、競技会と発表会

最もポピュラーなコンピュータ言語の1つに数えられる「C言語」を使っていきます。今までにプログラミングの仕組みを学んできているのでスムーズな理解のもと、本格的にキーボードでテキストを打つことでプログラミングをしていくことになります。
「C言語」を使うことでより細かくロボットの動きを制御できるようになり、1/1000秒単位での動きの指定も可能になります。過去に行わせたロボットの動きも「C言語」で行わせるとまた一味違ったものになってきます。
赤外線を発する球をトレジャー(宝)に見立て、迷路を抜けた先の球を捕まえ、スタート地点まで戻る歯ごたえのある競技です。

本コースの詳細

クラス ブロンズ シルバー ゴールド
対象年齢 小学3年生 小学4年生 小学5年生~中学3年生
曜日・時間 各教室により異なります。詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講回数 4月から始まる1年間のカリキュラムを組んでおり、1回90分、年42回の授業です。
使用キット

教育版レゴ®マインドストーム®EV3 基本セット

 

 

教育版レゴ®マインドストーム®EV3 拡張セット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3

  EV3カラーセンサー
費用

入会金:15,000円
受講費:13,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

入会金:15,000円
受講費:14,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

入会金:15,000円
受講費:15,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

キット代:別途必要
※表示価格は、全て税抜き価格です。

クラス ブロンズ
対象
年齢
小学3年生
曜日
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間のカリキュラムを組んでおり、1回90分、年42回の授業です。
使用
キット

教育版レゴ®マインドストーム®EV3 基本セット

費用

入会金:15,000円
受講費:13,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

キット代:別途必要
※表示価格は、全て税抜き価格です。

クラス シルバー
対象
年齢
小学4年生
曜日
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間のカリキュラムを組んでおり、1回90分、年42回の授業です。
使用
キット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3 基本セット

教育版レゴ®マインドストーム®EV3 拡張セット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3

費用

入会金:15,000円
受講費:14,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

キット代:別途必要
※表示価格は、全て税抜き価格です。
クラス ゴールド
対象
年齢
小学5年生~中学3年生
曜日
時間
各教室により異なります。
詳しくはこちらから!
定員 1クラス6名
受講
回数
4月から始まる1年間のカリキュラムを組んでおり、1回90分、年42回の授業です。
使用
キット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3 基本セット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3 拡張セット
教育版レゴ®マインドストーム®EV3
EV3カラーセンサー
費用

入会金:15,000円
受講費:15,000円/月
システム教材費:1,000円/月
維持費:1,000円/月

キット代:別途必要
※表示価格は、全て税抜き価格です。

  •  1 実践的で高度な理数系の力が身につきます
  •  2 トライ&エラーによって「プログラミング的思考力(論理的思考力)」が身につきます
  •  3 ハンズオン学習で応用力、想像力、立体的に考える力が身につきます
  •  4 本格的なプレゼンテーション能力が身につきます

crefusでは、発表会を通じてプレゼンテーション手法も学びます。

年に2回、前期・後期の発表会があり、本格的なプレゼンテーション能力を身につけます。 これまでに作ってきたロボットについて、ポスターやPowerPointを利用して発表を行い、自分の考えをスムーズに周りに伝える力、表現力を養います。

このページの先頭へ