ロボット技術検定

分岐の数は何通り?

サッカーロボットで分岐プログラムを作っているゴールド生。

一つ目のカラーセンサーでボールのある、なしを判断し、
二つ目のカラーセンサーで自陣か敵陣か、判断し、
そして、タッチセンサーでロボットが壁などに触れていないか判断します。

枝分かれは何通りになるか聞いてみたところ、
それぞれ二つずつに分岐するセンサーが三つあるから
2x2x2 = 8、つまり 8通り!
とすらすらと答えられました。
さすがです。

算数の場合の数にも自然に強くなっているようです。
Image-1 (3)

2016年12月13日
このページの先頭へ

SSL グローバルサインのサイトシール

Copyright (C) crefus. All Rights Reserved.